N*smile

日々のこと、Hulaのことなど…

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

ノーフォールトノーフォールト
(2007/04/18)
岡井 崇

商品詳細を見る

私は本を読むのが比較的早い方なんだけど、これは時間がかかったなぁ。
著者は現役の産婦人科医。
産婦人科の激務な勤務体制、訴訟なんかがテーマなんだけど、医療物だけあって専門用語が多くて…割と理解して読みたいタイプなので、何度も前のページに戻ったりしてたから、いつもの1.5倍はかかった気がする。

私は婦人科も、出産を経験したから産婦人科もかかっているのでとても興味深かったんだけど、産婦人科の実態というのはなんとなくは分かっていても、他の科に比べてもこんなに大変なんだということはこの本を読むまではわからなかったなぁ。

現在、お産をする場所がどんどんなくなっているけど、産婦人科の体制がよくならない限りはしょうがない気がする。
かと言って産める場所がないのは困るんだけどね(私は予定なしだけど^^)。

Comment

 

私は以前看護師だったので
すごく興味深く読みました。
これから医者を目指す学生さんにも読んでもらいたいなぁって思いました
ちょっと専門的なところは難しいね。
  • posted by merian 
  • URL 
  • 2009.03/01 19:14分 
  • [Edit]

 

>merianさん
看護師さんだったんですね^^
専門用語はホント理解しづらかったです。
でもある程度理解しないと余計にわけわからないし…
医学生必須の本ですね。
  • posted by mana 
  • URL 
  • 2009.03/02 10:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。