N*smile

日々のこと、Hulaのことなど…

Category [books ] 記事一覧

スポンサーサイト

読書

イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)(2004/03)乾 くるみ商品詳細を見るただの恋愛小説かと思いきや…最後に「え???」たしかに違和感はあったよ。いや~怖いね。ある意味。この本は読み終わったときに面白さがわかるのかも。年下の男の子(2008/05/16)五十嵐 貴久商品詳細を見る年下の男の子、いいね~(笑)しかもこの男の子が格好良いんだ。作者は男性なのに、女性の気持ちをかなり理解している気がする。幸せな気持ちに...

読書

向日葵の咲かない夏(2005/11)道尾 秀介商品詳細を見るミステリーのつもりで借りたんだけど…え~と、これはファンタジー??おかしいとは思ってたんだよね。3歳になったばかりにしては一人で留守番したり、言葉使いが大人びていたり。だいたい、その生まれ(?)で言葉を知ってること自体不思議なんだけどね。1人称の作品は騙されるよね。なので警戒しながら読んでしまった(笑)あ、虫が相当苦手な人は読まない方がいいかも。...

読書

ノーフォールト(2007/04/18)岡井 崇商品詳細を見る私は本を読むのが比較的早い方なんだけど、これは時間がかかったなぁ。著者は現役の産婦人科医。産婦人科の激務な勤務体制、訴訟なんかがテーマなんだけど、医療物だけあって専門用語が多くて…割と理解して読みたいタイプなので、何度も前のページに戻ったりしてたから、いつもの1.5倍はかかった気がする。私は婦人科も、出産を経験したから産婦人科もかかっているのでとても興...

読書

九月が永遠に続けば(2005/01/26)沼田 まほかる商品詳細を見るwith you(2004/03)小池 真理子桜井 亜美商品詳細を見る...

読書

ママの友達(2007/03/20)新津 きよみ商品詳細を見る新津さんは昔のホラー文庫の作品が好きだったなぁ。4人の女性が軸になった話だけど、それぞれの話がちょっと未消化で終わってる気がする。最後に判明する、娘の突然の不登校のきかっけも…?背の眼 (GENTOSHA NOVELS―幻冬舎推理叢書)(2006/01)道尾 秀介商品詳細を見るホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。途中ちょっと怖くて、ビクビクしつつ読んだ(笑)後半の謎が解けていく場面は...

読書

夜想(2007/05)貫井 徳郎商品詳細を見るう~ん…妻子を事故で亡くした主人公が、次第に宗教にはまっていく話かと思ってたけど。主人公達は自分達が作った団体を「宗教ではない」と言うけど、私も宗教にしか思えないな~途中までは面白かったけど、最後、主人公は救われたのかな?...

読書

先日久し振りに小説を3冊借りてきました。余命 (新潮文庫)(2008/11/27)谷村 志穂商品詳細を見るこれは松雪泰子さん主演の映画作品の原作。映画化で人気があるのかと思ってたけど、ネットで予約したらすぐ借りられたよ。外科医の主人公が38歳で待望の妊娠。しかし同時にガンの再発。読んでて思ったのは静かだなぁ~と。そして強い。子供を残して死ぬということは本当に辛くて悲しいことなんだよね。さよなら、そしてこんにちは(200...

初読み

薄闇シルエット(2006/12)角田 光代商品詳細を見る2009年初読み。子供の冬休みが終わって、一人の時間が復活したので、久し振りに本を読みました。基本的に小説は図書館で借りる派なので、新作はなかなか順番が回ってこないんだよね(でも東野圭吾の新作が1番!の経験もあり)。この時も借りたい本がなくてね。好きな作家の本や、評判になっている本は予約をするんだけど、行き当たりばったりで図書館に行く時の本を決めるポイント...

本が好き

趣味の1つが読書。小説の類を積極的に読むようになったのは小学5、6年生くらいから。 当時は赤川次郎が大好きで、~中学の頃、彼の本はほとんど読んでました。 高校生~は新井素子や氷室冴子などのコバルト文庫や山田詠美、村上龍、村上春樹など。 宮本輝も好きだったし、渡辺純一(笑)の医療系の話も好きでよく読んでたなぁ。 20歳前後は角川ホラー文庫(笑)にハマってました。 ブームになるだいぶ前に読んだ「リング」がきっ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。